カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長

さとみ店長

日本の体操クラブにタントラを

アメリカではほとんどの体操クラブにタントラが導入されています。
日本ではまだまだ普及していないのが現状です。
そんな中でも幼少期からタントラのある環境で練習した子どもたちがメダリストに育っています。
もし、アメリカと同じようにタントラが日本のすべての体操クラブに普及したら…
日本の優れた技術指導とコーチングをもってすれば、体操ニッポンが世界を凌駕することは間違いありません。

そんなことを夢見て、タントラジャパンは皆様の元へタントラをお届けします。


タントラジャパンはアメリカ Tumbl Trak社の正規販売代理店です。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

Tumbl Trak社(タンブルトラック)タンブルトラック

■サイズと価格(価格は税別、送料込)


長さ高さ金額
6m177.8cm53.4cm1,060,000円
9m177.8cm53.4cm1,450,000円
12m177.8cm53.4cm1,630,000円
15m 177.8cm53.4cm1,930,000円
18m177.8cm53.4cm2,270,000円


ただいま20%OFFセール中です。
6m  1,060,000円 ⇒    848,000円+税
9m  1,450,000円 ⇒   1,160,000円+税
12m  1,630,000円 ⇒   1,340,000円+税
15m  1,930,000円 ⇒   1,544,000円+税






 トランポリンで高く跳ねるためには跳躍面をいかにして沈み込ませ、その反発力を利用するかが重要な技術となります。
 通常のマットやタンブリングバーンでは、初心者の小さな子どもやジュニア期の選手にとっては硬過ぎて、沈み込んで撥ねかえる感覚はなかなか身に付きにくいものです。
 タントラなら必然的に沈み込むための腕の使い方や体幹の締めなどが身に付きます。また、成長期の子どもにとって柔らかいので安心して練習に取り組めます。


 通常のトランポリンはその場で宙返りやひねりの感覚を練習できますが、移動しながらの宙返り連続などは不可能でした。
タントラ開発の発想は、よりゆか運動に近い形で技術習得をさせたいという願いからです。
 現在の競技用のフロアーはスプリング式になり、タントラの撥ね方に近いものとなってきています。


 長いトランポリンですから、子どもたちを一方向に進ませながら一度にたくさんの子どもが楽しむことができます。
 通常のトランポリンでは順番待ちで飽きてしまう子どもたちも、タントラなら十分な運動量が確保でき、一般の体操教室でも大人気の器具として活躍してくれます。


 競技中心のトップクラスの選手が在籍するクラブでも約7年ほどは跳躍面のベッドやバネは交換不要です。
 小さいお子さん中心の体操クラブでしたらさらに長持ちします。






長さ高さ金額
6m177.8cm53.4cm1,060,000円
9m177.8cm53.4cm1,450,000円
12m177.8cm53.4cm1,630,000円
15m 177.8cm53.4cm1,930,000円
18m177.8cm53.4cm2,270,000円
 
販売価格 1,144,800円(本体1,060,000円、税84,800円)
購入数
サイズ